盆暗の学習記録

データサイエンスを中心として,日々学んだことの備忘録としていく予定です。初心者であり独学なので内容には誤りが含まれる可能性が大いにあります。

[R]パッケージのインストールがうまくいかなくなった際の解決法(Windows)

環境

  • Windows 10
  • R 3.5.1
  • RStudio 1.1.456

問題

Rを3.5系にし,ついでにRStudioも更新したらパッケージのインストールができなくなった。

これまで(3.4系+昔のRStudio)は,パッケージのインストール時にはRStudioが自動的に

F:/マイドキュメント/R/win-library/3.4

というuser library directoryを作ってそこに入れてくれたのだが,今回この"マイドキュメント"という日本語が文字化けしてF:/????????/R/win-library/3.5になってしまうようになった。

今までは文字化けしながらもなんとかなる場合も多かったのだが,さすがに今回はパッケージをインストールできなくなった。

解決法:環境変数の指定

user libraryディレクトリは環境変数R_LIBS_USERで設定できるらしい。

Rの環境変数の設定方法は複数あって,だいたいこんなかんじ

  1. RからSys.setenv()で設定する
  2. Rの設定ファイルを書き換える
  3. Windows環境変数の設定から設定する

1や2の方法も試したが,結局3を使うことになった(多分3で設定するのが一番早いと思います)

Windows環境変数の設定から設定する

一応細かい手順もかいておくと,

1.user libraryディレクトリに使いたいディレクトリを作成しておく

2.環境変数の設定を開く

f:id:nigimitama:20181022012908p:plain

3.ユーザー環境変数を新規作成

名前にR_LIBS_USERなどRの環境変数の名前を入れ,ディレクトリのパスを指定する

f:id:nigimitama:20181022013210p:plain

これでおわり。

Sys.getenv()を使うと,環境変数の値が確認できる。

> Sys.getenv("R_LIBS_USER")
[1] "F:\\Programs\\R\\R_win_library"